本名:
小林正和
1951年 東京日本橋生まれ
1960年 10歳の時、手にしたウクレレがきっかけで音楽に傾倒
1965年 エレキブーム到来、学生バンドでエレキギターを担当
1967年 日大在学中にドラマーに転向。
1970年

BigBand(リズムソサエティ)にドラマーとして参加。

1976年 井上宗孝とシャープファイブに参加 二代目ドラマーとして活躍
1980年 シャープファイブ解散
1981年 赤坂などのクラブ所属バンドで、ドラム、ギターを担当
1990年 古屋紀とニューシャープファイブにリードギターとして参加
1994年

中野サンプラザで開催された「井上宗孝とシャープファイブ コンサート」 で
サブドラムを担当

2009年 小林gen正和ワンマンショーを横浜中心のライブハウスで展開 現在に至る